行政書士試験直前までにやっておくべきこと

行政書士試験直前というのは、
本試験2ヶ月前の事を言います。
つまり、本試験は11月前半ですので、9月前半ということになります。

まず、この時期までに絶対に終わらせておきたい学習があります。
それは、基本的な学習を終わらせておくことです。

ここで言う基本的とは、テキストに書かれている事をある程度把握して、
過去問を解けるということです。
残り2ヶ月の学習を考えれば、
そのくらいの学習を終える必要があります。

特に初学者の場合、
知識の理解が曖昧なので、
ここで、基本的な知識が身についていないと
今後行う総復習や模擬試験などの学習が上手くいかなくなります。

ですから、学習スケジュールも、
9月の前半に基本が終えるように立てる必要があります。

テキストと過去問は何処まで学習する?

テキストと過去問をある程度理解するといっても
何処まで理解すれば良いのか、わからないと思います。

これはある講師が言っていた事ですが、
最低でも、テキストの目次に書かれている知識の理解と
それに関連する過去問を解けるようになっているのが、
基本といっておりました。

一見テキストの知識を理解するのは
大変だと思われますが、
通学、通信、独学に関わらず、
テキストに書かれている8割は基本です。

その基本を本試験2ヶ月前までに出来ていなければ
話になりません。

特に現在の行政書士試験は、
以前よりも問題が質が高くなり、
応用的な問題も増えてきました。

そうした問題に対応するための学習も必要ですし、
そのためには基本が必要になります。

どの試験でも基本は最も重要な要素ですので、
できるだけ早い段階で基本を身に付けておいて下さい。

【行政書士の最新勉強法ならこちら】