行政書士は独学と通信講座のどちらが良いの?

以前にも行政書士の通信講座についてお話しましたが、
かなり重要なことですので、もう一度お話しようと思います。

そもそも行政書士は、独学で勉強する必要はあるでしょうか?
独学での学習は、わざわざ厳しい環境に身を投じるという事です。

想像してみて下さい。

仮に最短500時間で行政書士に合格できるとすれば、
独学だと倍の1000時間は必要になる事もあります。
これは大げさでもなく、現実の話です。
実際に、行政書士試験の学習で挫折するほとんどの方が独学です。
独学で勉強しようとしている方は、そうした学習を自ら行おうとしているのです。

誤解のないように申し上げると、
行政書士は学習すること事態に意味はありません。

必死に勉強して、多くの知識が身に付いたとしても、
資格そのものがなければ、世間に認められないのです。

そこで、おすすめなのは、通信講座です。
通信講座は、行政書士試験に出題される可能性の高いポイントだけを
学習できますので、最小の勉強時間と知識量で、合格できます。

また、わからい知識は講師に質問できますし、
講義を視聴しながら学習できますので、
独学のテキストだけの勉強に比べ、
格段に知識を理解するスピードが速くなります。

そして、何より通信講座は、
好きな時間と場所で学習できますので、
忙しくてまとまった時間が取れない、社会人にもお勧めの学習法です。

当サイトに訪れている方は、独学で勉強してようと思っている方ですので、
もしかしたら、通信講座には興味がないかもしれません。

しかし、前述したように行政書士試験は、学習そのものに意味はなく、
あくまでも試験に合格してからが勝負です。
中には、しっかりと学習しなければ、仕事が出来ないという方がいますが、
実際に使える知識は、現場で身に付けるもので、
テキストで身に付く知識はたかが知れています。

ですから、行政書士試験は、まず試験に合格する事が最も重要で、
そのために最も必要な学習を選ぶべきなのです。

その一つの方法が通信講座ということになります。

【行政書士の最新勉強法ならこちら】