行政書士って独学で合格できるの?

まず理解して頂きたいのは、行政書士は独学でも合格できる試験です。
極端な事をいうと、司法試験も公認会計士も独学で合格出来ます。

問題なのは、行政書士を独学で合格するためには、
どのくらい難しいかだということです。

色々お話する前にまず答えをいうと、
かなり難しいです。

まぁ、難しいという感じ方は、人よって様々ですが、
少なくても、まともに法律の学習をしたことがない方には、
厳しいと言わざるを得ません。

1年間がっつり学習をしても合格出来ない方は決して珍しくない試験です。

もっと言うと、合格不合格という以前に、
挫折しないで学習を続けられる方のほうが少ないくらいです。

冒頭から厳しいお話をしましたが、
行政書士を独学で合格するという厳しさの現実を受け止めて下さい。
軽い気持ちで学習を続けても、その先に待っているのは挫折だけで、
はっきり言って時間の無駄です。

まずは、独学で行政書士に合格するのは、難しいと理解することが、
合格への第一歩です。

このサイトでは、法律の知識がない方が、
どのような勉強法でどのような考えで学習するかを紹介していきます。
かなり厳しいお話もしていきますので、もしかしたらこのサイトを読み終わる頃には、
「行政書士を諦める」「独学での学習はやめよう」という方も出てくるかも知れません。

しかし、それはそれで良いと思っております。
別にこのサイトは、あなたを合格させるためとか、合格してほしいとかではなく、
行政書士を独学で合格するための現実を理解してもらうためのサイトです。

もし、その現実を理解しても、行政書士試験に独学で挑戦したい気持ちがあれば、
それは合格するためのスタートラインに立っているということです。

とりあえず、このサイトに一通り目を通し、行政書士試験を独学で学習するというのは、
どのような事なのか理解してください。
まずはそこからです。

【行政書士の最新勉強法ならこちら】